横浜で建築を学ぶ 浅野工学専門学校TOP  ›  › 学校について  ›  › 学びの特色  › 理念
建築の精神「勤労・奉仕・勉学」
創立者 浅野總一郎の像創立者 浅野總一郎の像
創設者 浅野總一郎による建学の精神「勤労・奉仕・勉学」。
建築の技術教育事業の展開を通じて、社会の繁栄に寄与すること。
これらは浅野工学専門学校の学びの柱となり、90年間変わらず息づいています。
「働く」ことを通して社会の役に立つ。
自分のやりたいと思う仕事で活躍できる環境を手に入れるため、勉学に打ち込んで自分を高めていく。
そんな未来を切り開く夢と信念を抱き、建築の道を志す全ての若者達を私たちは応援しています。
MESSAGE
建設業界で飛躍する卒業生を送り出す
理事

学校法人 浅野工学園 理事長 浅野 一

本校は創立以来、創設者浅野總一郎翁の建学の精神である「勤労・奉仕・勉学」を掲げています。将来なすべき仕事を見据えた責任ある行動と実社会に尽くす心身を磨き、自己の目標実現に向け真剣に取り組み、挑戦し続ける若者の育成を使命としております。神奈川県横浜で築き上げた伝統と信頼と実績を基に、時代とともに変革する建設業界に応じ飛躍する卒業生を送り出していきます。

実務教育による建築技術者育成
校長

浅野工学専門学校 校長 加藤直樹

実習・実験・演習を中心とした「実務教育」を推進しています。
「実務教育」では学内の講義だけでなく、実務を学べるインターンシップ(職場実習)を企業と連携し実習内容を検討し実施しています。
さらに建築の「仕事に就く」ためのキャリア教育としての業種説明会、ビジネスマナー講座、大手企業人事採用担当者による模擬面接など就職へのサポート体制も万全。
建築技術者に必要な「資格取得」のための学内講習もあり、充実した学生生活を送れます。