建築工学科1年科目

工業英語

公開日:2021年4月1日/最終更新日:2021年4月1日
授業概要・授業計画
科目名  工業英語
担当者  赤峰 準
建築工業科
学年
受講期間 後期
単位 2
教科書 HOW TO BUILD BUILDINGS
参考書
到達目標 西洋建築史入門の英文原典をテキストとして使い、英文とビジュアルイメージで各時代の建築様式の特徴を把握していくことに挑戦する。またこのことを通して建築用語vocabularyを増やしていく。
講義内容 バロック・ロココ様式から現代様式までの特徴を原典を通して把握すること。
評価方法  把握度確認のために適宜実施する小テストと期末テストをもって評価する(また合格要件として授業出席回数12回以上)。

受講者の皆さんへ:予習、復習を怠らず、ノートや資料の整理を丁寧に行いましょう。

  • 後期授業計画
第1回
内容 授業の進め方 Baroque & Rococo 1
詳細 後期授業の進め方説明。バロック&ロココ方式の概要部分説明。
報告
第2回
内容 Baroque & Rococo 2
詳細 バロック&ロココ方式続き。曲線を使ったファザード。曲線を使ったペディメント。
報告
第3回
内容 Baroque & Rococo 3
詳細 バロック&ロココ方式後半。カーブを多く使った平面図。ロココ式装飾。
報告
第4回
内容 Palladian 1
詳細  パラディオ様式概要部分説明。ポルティコを持つ協会。神殿風ファザード。バロック&ロココ式小テスト。
報告
第5回
内容 Palladian 2
詳細 パラディオ様式後半。屋根窓(ドーマー)。ロトンダ。神殿玄関風ロトンダ。
報告
第6回
内容 Neoclassical 1
詳細 新古典様式概要部分説明。ナショナル様式。 合わせ技的な特徴。パラディオ様式小テスト。
報告
第7回
内容 Neoclassical 2
詳細  新古典様式後半。新古典様式の暖炉。統一したポルティコ。ギリシャ式が復興した家。
報告
第8回
内容 Gothic Revival 1
詳細  ゴシック復興様式概要説明。ゴシックに似た形。ゴシック復興様式の家。新古典様式小テスト。
報告
第9回
内容 Gothic Revival 2
詳細 ゴシック復興様式後半。ゴシック復興様式の教会。国民主義的なプライド。都会の建物。  
報告
第10回
内容 Late 19th Century 1
詳細  19世紀後半概要部分説明。ボーザール様式。折衷様式。ゴシック復興様式小テスト。
報告
第11回
内容 Late 19th Century 2
詳細 19世紀後半後半。ムーア様式。アン女王様式。アールヌーボー。
報告
第12回
内容  Modernism 1
詳細 モダニズム概要部分説明。モダニズムの家。アールデコ様式。19世紀後半小テスト。
報告
第13回
内容 Modernism 2
詳細 モダニズム後半。ポストモダニズムのディティール。モダニズムのオフィス。郊外の家。
報告
第14回
内容 総括
詳細  後期全体総括。モダニズム小テスト。
報告
第15回
内容 期末テスト
詳細  バロック&ロココ様式~モダニズムまで
報告