【公開講座】9/5(土)13:00開始(12:30受付)

「世界三大巨匠 ル・コルビジェを語る」

ル・コルビジェは、1887年10月6日にスイスのラ・ショー・ド・フォンで生まれ、1900年に地元の美術学校に入学。在学中の1905〜7年に処女作「ファレ邸」をルネ・シャパラの協力を得て設計しました。その後、1918年パリで建築家デビューをし、多くの作品を世に出しました。1965年8月27日にカップ・マルタンにて77 歳で死去。ルーブル宮で国葬が行われました。
コルビジェは日本とも関係があり、世界遺産となった国立西洋美術館を手がけました。一般の方にも知られている偉大な建築家であり、お弟子さんも多い建築家であります。住宅では、サヴォワ邸、ラ・ロッシュ邸などがあり多くの建築家に影響を与えました。
今回は、 そんな偉大な 『世界三大巨匠』建築家のお話です。

■講師紹介■ 岡田 強 先生(一級建築士 岡田建築設計事務所所長 公益社団法人日本建築家協会会員・登録建築家)

◎日 時 : 令和2年9月5日(土)13時~15時30分(終了予定 ) 受付: 12時30分から
◎申込方法:電話またはFAXまたはMailにて、下記情報をお知らせください。
【 ①氏名 ②郵便番号 ③住所 ④年齢 ⑤参加人数 】
※個人情報につきましては、厳重に取り扱い、公開講座以外の目的で使用することはございません。

参加申込・お問合せ (日曜日・祝日除く 受付時間:午前9時~午後4時)
TEL: 0120-19-2903  FAX: 045-431-9724  E-mail : info@asano.ac.jp

記事一覧