公開講座「淺野總一郎の仕事」2/23(土)開催

「究極のリサイクル師 淺野總一郎の仕事」

京浜工業地帯の歴史を紐解く上で、その埋立事業と淺野總一郎翁との関係は密接です。都市の近代化と防火・耐震化を見据えたコンクリート建造物の需要、そしてセメント製造の喫緊の必要性をいち早く見越し、双方を同時期に進展させた淺野翁の功績を、当時の社会情勢と照らし合わせつつ画像を交えて解説します。
淺野翁は「金は海から掬う」と豪語して500万㎡の開拓を行い、生涯において75社の起業を果たしました。この淺野翁の生き様の中に垣間見える「捨てるものを生かす」術こそ、今、我々が見習うべきエコロジーの原点ではないでしょうか。かつて海であったこの地が、年間製品出荷額57兆円を超える一大工業地帯となった背景の解説を行ない、「九転十起」を信条に不屈の精神で横浜・川崎を日本有数の貿易都市に押し上げた経緯を、その波乱万丈な立身出世の逸話と共にご紹介します。
◎講 師:森住 藍 准教授
・二級建築士・インテリアコーディネーター・浅野工学専門学校教員

◎日 時 :平成31年2月23日(土)13時~14時30分 ( 終了予定 )
◎受 付 :12時30分開始
◎場 所 :浅野工学専門学校(1番教室予定)
◎受講料:無 料
◎定 員 :40名(先着申込順)
◎申込方法:電話またはFAXまたはMailにて、下記情報をお知らせください。
【 ①氏名 ②郵便番号 ③住所 ④年齢 ⑤参加人数 】
※個人情報につきましては、厳重に取り扱い、公開講座以外の目的で使用することはございません。
参加申込・お問合せ (日曜日・祝日除く 受付時間:午前9時~午後4時)
TEL: 0120-19-2903 FAX: 045-431-9724  E-mail : info@asano.ac.jp

記事一覧