【測量実習】

本日は授業風景の1コマを紹介いたします。

建築工学科3年の測量学の授業では、路線測量の実習を行いました。路線測量とは、実際の道路のカーブを想定した測量です。
生徒自身で計算から測量を行なって、セオドライトと呼ばれる角度測量器とメジャーを使い、S字カーブを描きました。

カーブの値を計算するのに苦労していましたが、とても綺麗にS字カーブができました。皆さんお疲れ様でした!

 

最近の関連記事
【卒業制作】
昨日は建築工学科4年生の卒業研究発表会の模様をお伝えしましたが、本日は建築デザイ... 続きを読む >